「白」足長小学生Tシャツ新発売(数量限定)

あの足長小学生Tシャツに「白」が登場いたしました。

数量限定の激レアアイテムとなっておりますのでお早めにお求めください。

足長小学生のロゴは「金色」であしらった、オサレな一品です。

肉厚の生地は透けにくく、また、タフな男性にも、ポップな女性にもスポーティな着こなしを楽しんでいただけること間違いなし!

今年の夏は、白Tでさわやかコーディネートをお楽しみください。

Price:¥2350

Size:M・L(unisex)

第3回足長フォトコンテスト開催決定!

夏のイベントのお知らせです。あ、よーそろ「中の人」ゆみです。

今年もこの季節がやってきちゃいました!Summer!!

Summerといえば、そう「サマージャンプ2018」フォトコンテストの開催決定です!

皆様、バシバシジャンプして、バシバシ投稿しちゃってください!応募お待ちしています! 応募方法の詳細は下記を参照してください!

【【応募方法詳細】】

★御手洗地区ではおなじみの「足長小学生」看板の前でジャンプ写真を撮ってくださいませ。(看板は大東寺より奥、満舟寺の下にあります。)

★その写真をすぐさまSNS(Facebook、Instagram、Twitter)にハッシュタグを付けて投稿するだけの簡単エントリー!
ハッシュタグは「#御手洗地区」「#足長小学生」の二つを付けてね。
投稿をスタッフが検索して探し出せない事があります。投稿は必ず「公開」設定で行い、ハッシュタグを二つ付けて下さいね~。

★応募期間は9月30日まで。

【【優秀作品】】

★足長賞3点を選ばせていただきます。選ばれた方にはなんと!足長スポーツオリジナルグッヅ(リストバンド)をプレゼント。

★さらに優秀賞の方には「数量限定超劇レアの 足長小学生白T」をプレセント↓

足長小学生白Tシャツはこの夏の数量限定商品です。ユニセックスサイズ、女性にもおすすめ!

 

さあ、あなたもLet’s Jump!!

注:応募頂いた写真は、よーそろ系列店の各種SNSやイベントなどに掲載させていただく場合がありますので予めご了承の上ご応募ください。*当選は応募期間終了後このブログやSNSなどで発表させていただきます。また優秀作品を投稿された方にはよーそろの井上よりDMにてご連絡させていただきます。DMをお送りしても返信が無い方は残念ですが賞品をお送りすることができません、受け取れるように設定をお願いいたします。

朝ヨガ合宿第2回 開催決定

梅雨の季節となりましたね。雨が多くてジメジメ、ムシムシするこの季節はとてもむくみやすい時期と言われています。
樹齢300年と言われるクスノキの下、大東寺本堂の穏やかな空気の中で自分とゆっくりと向き合いつつ、重くなりがちな心と体をリフレッシュしましょう!夜はBar醫でくつろぎながら他の参加者の方と交流を深めても良し、管理人矢野によるディープな夜の御手洗散策に参加するも良し、御手洗の夜を満喫してください。

〇日にち:6月23日(土)、6月24日(日)
※ヨガは24日(日)早朝開催
〇参加費
・宿泊込みプラン…5600円 よーそろグループで使えるクーポン付き(当日限定)(若長、潮待ち館100円引き、尾収屋麺類100円引き、新豊生簀料理1割引き)
・朝ヨガのみプラン…2500円 旅籠屋醫200円引き券付き(有効期限3ヵ月以内)
※各プラン共、税込み価格

〇定員:14名(最低催行人数:5名以上)
〇募集締切:6月22日(金)
〇ご予約、お問合せ:旅籠屋醫webサイトの予約フォームかお電話、メールにてご予約ください。
・予約フォーム:https://hatagoya-kusushi.com/reserve
「その他ご希望やご連絡等」記入欄に朝ヨガ希望と記載の上ご予約をお願いいたします。
・電話:070-2365-0924
・メール:hatagoyakusushi[at]gmail.com

〇タイムスケジュール
6月23日(土)
・16時~:チェックイン、自由散策、近隣のお食事処にてご夕食
・20時~:Bar、夜の街並み散策(希望者のみ)
・23時:消灯

6月24日(日)
・7時45分:大東寺へ移動
・8時:~9時30分:ヨガ
・9時30分~10時:大東寺本堂清掃
・10時~:チェックアウト準備(宿泊者のみシャワー使用可能)
・11時頃:チェックアウト

〇講師紹介
・ヨガ講師 玉井みゆき先生
病気をきっかけに友人の勧めでヨガを始める。今まで自分の身体の声を観察したり、見つめなおすことがなかったことに気付き、ヨガインストラクターの道へ。現在は広島文化学園大学の非常勤講師として勤務の他、ヨガインストラクターの養成に力を入れている。

〇持ってくるもの:タオル、ヨガマット、着替え、お泊りセット(宿泊希望者のみ)
※タオルは醫でも300円で販売しております。
※ヨガマットをお持ちでない方はご相談ください。先着4名様までご用意可能です。
※ミネラルウォーターはご用意いたします。

第11回平山郁夫美術鑑賞絵画コンクール風景部門大賞と優秀賞受賞兄弟が御手洗へ!

よーそろ代表の井上です。
昨年11月20日の中国新聞朝刊でたまたま見つけたこの記事。

第11回平山郁夫美術鑑賞絵画コンクール風景部門 大賞

大きく取り上げられたこの絵の風景は!そう昨年3月28日にゲストハウス&バーとして新たに生まれ変わった旧越智医院と脇屋邸ではないですか!?
しかも風景部門の大賞とは!
木の色の違いをしっかりと見つけ、よく観察し色の違いを表現した昭和北小学校4年生、村上陽哉くんの作品に私はとても感動しました。
そして、風景部門の優秀賞にも。

第11回平山郁夫美術鑑賞絵画コンクール風景部門 優秀賞

同じく昭和北小学校2年生村上輝季くんの作品。旧越智医院の外壁の水色の違いや剥がれた塗装もいい味として表現してくれている素敵な作品。
もしや兄弟では?と心動かされた私は夕方昭和北小学校に電話しました。
中国新聞で拝見し、とても感激したこと、もし可能ならば描いてくれた旧越智医院のゲストハウスにご家族をご招待したいと先生にお伝えしました。

次の日お母さんから電話があり、ぜひとも伺わせていただきたいと(^^)
陽哉くんの夢は建築家と書いてある。今御手洗の空き家リノベーションにお知恵をお借りしている大阪在住で広島出身の建築家、鍵山昌信氏に相談したところ、泊りに来られるときに合わせて御手洗に行くと言ってくださり、うちが今改修している一組限定宿”新豊”を見せてあげることに。

そして昨日1/13御手洗へご家族でいらっしゃいました。
見るからに温かで素敵な家族。
皆さんを描いてくれた旧越智医院”旅籠屋醫”にご案内し、建築家鍵山氏ともご対面。
現在一組限定宿に改装中の江戸末期の建物”新豊”へ向かいました。
どのような考えで改修をしているのか、どのように見せるためどんな改修作業をしているのか建築家鍵山氏と私とで説明しながら案内をしました。

向かう途中、怪我の後退院されて間もない鞆田さんに遭遇。
うち見に来なさいと御手洗が誇る江戸末期の豪邸をみせて頂けることになりました。
昔のガラスの細工や忍者屋敷ような隠れた階段、広い庭や蔵、大きな梁に二人は興味津々な様子。

鞆田さん本当にありがとうございました!

そして13.14日にたまたま醫のテレビ取材に居合わせた2人も快くインタビューに応えてくれました。
<2/7(水)夜8:00~8:54放送 BS TBS放送予定のテレビ番組「美しき日本に出会う旅」>
緊張しながらもナイスなコメントを提供してくれました(笑)

明日月曜日、学校の先生にこの2日間で体験したことを皆の前で発表してくださいと言われているようで・・。
どうだったかなぁ~。あ~私も聞きに行きたい(笑)

陽哉くんと輝季くんと過ごした時間、とても楽しかったです。
協力してくれた鍵山さんありがとう!!

私達が伝えていきたい「古いもの、時間を経たもの(そこにしかないもの)にとても素晴らしい価値があること」。
彼らが板の変色や傷でさえもしっかり観察して描いてくれたように、建物や人が紡いできた時間と物語をしっかりと受け取り大切にしていきたい。
そして彼ら二人がこれからも興味や好奇心に真っ直ぐに進み、その観察眼をもって独特の感性を表現していってもらいたいと願っています。

とにかく、私はすごく嬉しくて嬉しくて。
とっても充実した時間でした。ありがとう!!

4月に作品が手元に帰ってくるらしく、御手洗で彼らの作品展が開催できるかも。
その時をとても楽しみにしています。

絵と同じ風景で。

【足長フォトコンテスト結果発表】

yumiです。

この夏に開催した足長フォトコンテストの結果を発表します。
開催要項はこちら

足長賞その1

Andhangさんのnstagramから

すばらしい、足長具合ですね。Andhangさんは他にも御手洗地区の写真をたくさん投稿されています。ご応募ありがとうございました。

足長賞その2

Facebookに投稿 久保 浩一さん

 

お友達とジャンプして頂いています。ジャンプの様子を連写した感じ?ww
面白い写真をありがとうございました~!!

そして、ベストオブ足長賞!

Instaglamに投稿 Foodsweets_maksmehappyさん

もう、何も言うことはありません。。。この足の伸び、腕の振り!素晴らしい!
よくぞ飛んでくださいました!
賞品として柑橘10kgお送りいたします!

ということで、たくさんのご応募ありがとうございました。

コンテストは終了いたしましたが、足長小学生看板はそのまま設置されておりますので、御手洗にお越しの際はぜひ飛んでみてくださいね~!!

 

◎浴衣で町並みフォトコンテストin御手洗◎

恒例の御手洗「和」のイベント開催です。

期間中、浴衣や着物で御手洗を散策し、街並みと一緒に撮影した写真をSNSに投稿してください。ステキな写真を投稿していただいた方にはステキなプレゼントを差し上げちゃいます。

★募集期間:7月1日〜9月30日ま
★応募方法:ハッシュタグ「#御手洗地区」と「#よーそろ2017」 を付けて公開設定でFacebookかTwitterかInstagramで投稿してください。
★応募締切:9月末日
★当選のご連絡:当選者にはよーそろの井上よりDMにて連絡させて頂きます。
★プレゼント商品
・御手洗浴衣賞→1000円分のよーそろ共通商品券とオリジナル天然石根付
・優秀賞→500円分のよーそろ共通商品券
・優秀賞→500円分のよーそろ共通商品券
(よーそろ共通券利用可能店舗→大崎下島御手洗地区内「船宿カフェ若長」「潮待ち館」「鍋焼きうどん尾収屋」)
*コンテストに応募頂いた写真は、よーそろの各種SNS、イベント等で使用させていただく場合もありますので予めご了承の上ご応募ください。

◎期間中、和装でご来店の方にドリンク値引きサービス◎
「船宿カフェ若長」にキモノで来店された方には、ドリンク50円引きサービスです♡

★新サービス★
期間中の7月・8月の日曜日の浴衣の着付けサービスを有料にて実施します。
・前日までの予約制、10:00~14:00の間。
・浴衣はお持ち込み
・料金:¥1500
お問合せは脇屋:050-3368-5512(井上)メール:mitarai.yosoro@gmail.com

 

2016年に応募頂いた「よし」さんの写真。モデルは「てらたぬ」さん
2016年に応募頂いた写真。Masayoさんの作品。男性の着物姿もいいですね。男っぷり上がります!

今年も浴衣で、御手洗にぜひお出かけください。

足長フォトコンテスト「足長賞」決定!

こんにちは。由美です。

先日開催した「足長小学生フォトコンテスト」に沢山のご応募ありがとうございました。応募頂いた写真はこちらから一覧にてご覧いただけます。

応募頂いた中から足長賞3点を選ばせていただきました。

↓ベストオブ足長賞はこちら!!赤い服の少女が頑張って飛んでくれてます。
ありがとう~~!!

他の足長賞はこちら

↓素晴らしい跳躍力です!これぞ足長!

素晴らしい跳躍力。 #足長小学生 #御手洗地区

Kazumi Onoさん(@bonbonpomme)がシェアした投稿 –

↓ナイスファイトの写真も選ばせていただきました。スカートなのに頑張って飛んでいただいてます。大丈夫でしたか?破れてませんか、スカート・・・ ありがとうございます。

相棒とジャンプ!#足長小学生

Masuya Kobayashiさん(@masuyakobayashi)がシェアした投稿 –


皆様、ご応募、本当にありがとうございました~

 

ゲストハウス「醫(くすし)」改装中

こんにちは。ゆみです。
ただ今絶賛改装中でございますよ~!!

御手洗のシンボル的建造物「越智医院跡」のゲストハウス化計画。
あの薄青の鎧張りの外壁が特徴的な建物をゲストハウスとしてオープンします。

越智医院外観
脇屋邸の隣の建物です。

オープン日は3月28日です。

改装工事もいよいよ大詰めです。

弊社代表含め、たくさんの方々に手伝って頂きながら改装工事をすすめています。

 

 

 

 

 

 

それでこのプロジェクトのご支援を皆様にお願いしているところです。
詳細はこちら・・・キャンプファイヤーにてクラウドファンディングに応募しています。

キャンプファイヤー

多くの方に親しまれるこの建物を残し活かすためにも、ぜひご支援をよろしくお願いします。

鎌倉と佐倉市のゲストハウスにお世話になりました

こんにちは、潮待ち館の矢野です。去年の12月に弊社代表の井上が登壇させていただいた『いいね!地方の暮らしフェア』に同行したときの事をレポートさせていただきます。等壇の様子はこちら↓

12/18「第2回 いいね!地方の暮らしフェア」に行って参りました!


「せっかく東京まで来たのだから!」と足を伸ばして神奈川県は鎌倉市にあるゲストハウス『亀時間』さんにお世話になりました。
亀時間

received_1242955385759661-01

received_1242955569092976-01

フリードリンクの置いてある棚は雰囲気に合わせて手作りされたそうです。このすぐ隣はレトロな机と椅子が並んでるのですが、週末限定で、カフェもしているそうです。宿泊部屋は6人のドミトリールームでした。うち2つは押し入れを改装した通称『ドラえもんベッド』がありました。残念ながら他のお客さまが使ってので寝ることはできませんでした。ただの押し入れで終わらせるのではなく、限りあるスペースを雰囲気を壊すことなく工夫して楽しんでもらえるスペースに変えてました。一応、押し入れなので他のベッドと比べると少し狭いのですが、カーテンで仕切られた中にあるドラえもんベッドにはワクワクするような隠れ家みたいな魅力がありました。次に鎌倉に行く機会があればぜひドラえもんベッドを使いたい♪

翌日の宿は千葉県の佐倉市にある『おもてなしラボ』さんで一泊しました。
おもてなしラボ

かなり中が広くて秘密基地みたいで楽しい!!様々な本や漫画を置いたブックスペース。その場で読むこともできますが、レンタルもしてるそうです。コワーキングスペースやレンタルスペース。ひとつひとつの空間が明るくゆったりしていました。そして、気になる宿泊部屋はそれぞれのベッドには柄の違うお洒落なカーテン。そして何と!!部屋の中央にはハンモックが!!!ついつい井上と順番でハンモック体験もさせていただきました(^^)v

DSC_0156
DSC_0156

部屋の奥にはリビングも。そこには佐倉市の昔の姿のパネルが何点か展示してあり、おもてなしラボの鳥海さんに色々とお話を聞かせていただきました。
宿泊や観光の拠点となるだけではなく、地域の人が立ち寄れる空間もありました。駄菓子やブックスペースを求め近所の子どもが集まるそうです。観光客の方にゆったり楽しんでいてだくのはもちろんのことです。それに加え、近所の方が来ても楽しめる空間を提供していることに魅力を感じました。
建物の雰囲気を大切にし、それを感じられる空間作り。また地域に根差し観光の拠点となり地域の魅力を楽しんでいただけるゲストハウス。御手洗にゲストハウスを作るときの参考にさせていただきます!!

2016年への感謝と2017年への船出へ。

2016年も残り数時間になりました。
今年も沢山の出逢いあり、関わってくださった沢山の方々のおかげで素晴らしい一年を過ごすことができ、これからの新しい年を迎えることができそうです。
本当にありがとございます!

常磐町通りの空き家であった江戸時代の町家、旧大島材木店を改装した‟潮待ち館”の平日オープン。
平日お客さまがまだまだ少ない中で土日以外の週6日営業は新たなチャレンジでした。
商品・サービスを提供し、建物を維持しながら家賃、光熱費、人件費を捻出しつつ、なんとかプラスに。

8月からは鍋焼きうどん尾収屋は西平製麺の西平直枝店長に変わり、薩摩藩船宿跡脇屋の一部が田中佐知男さん作品をはじめ妻佳織さんセレクト、作家さんの作品が集まるギャラリーに。
尾収屋の新店長、西平直枝さんは呉市内で60年製麺所を営む西平商店の若女将。
西平商店の若女将、直枝さん

鍋焼きうどんは西平製麺ののど越しの良い細うどんと、それらによくなじむ鯛のアラでとった優しくもコクのある出汁にリニューアル!
これがとっても美味しい!!
鍋焼きうどんはもちろんのこと、うどんだけではない様々な自家製麺をアルミ鍋で表現してくれています。
こちらは西平製麺でつくる冷麺を使った鍋冷麺。こちらも素晴らしい逸品!!さすがです!!
鍋冷麺

そして、薩摩藩船宿跡脇屋の座敷は田中佐知男さんの作品の常設展示の場所になりました。
田中佐知男さんは広島市安佐南区に在住、フランスで油彩画を学び、数々の賞を受賞されている作家さんです。(2016年も第4回広島県美展にて絵画系大賞&入館者人気大賞受賞)
お店には明るく素敵な奥様、佳織さんがお客様をお迎えし、佐知男さんは御手洗の街で新たな作品を創作されています。
そして新たな試み、田中佐知男さんと描くスケッチ会や、作家さんを集めたフリーギャラリーも行われました。
田中佐知男さんと佳織さん

田中佐知男さんの作品が御手洗郵便局の切手シートにもなりました。
とても完成度高く、写真では表現できない佐知男さんワールドに見とれてしまいます。
御手洗郵便局発売の佐知男さん作品切手シート

素晴らしい表現者が御手洗の街に新たな感性の風を吹き込み、御手洗の物語が新しい形で提供されています。
私たちの目指す方向が少しずつ形になりつつあります。

どこにでもある支店やフランチャイズのような大きな資本をポンと持ってくるのではなく、御手洗に残る素晴らしいものをその人にしかできない新しい感性で価値を創出していくこと。街の風景や文化歴史、その建物で行われてきた営みなどを大切に伝えながら、保存していくこと。
そんな場所とアクションが一つ一つ生まれることにより、結果としていくつかの課題を解決し、どこにもない素晴らしい街になるような気がします。

船宿cafe若長、薩摩藩船宿跡脇屋、鍋焼きうどん尾収屋、潮待ち館と、これまで4軒の場所を創ってきました。
関わってくれているスタッフや多くのメンター、沢山のお客様、お客様を超えた同志のような仲間とともに一歩ずつ…。
まだまだ、改善していくことは山のようにありますが、一つずつアクションを起こして参ります

もうすでに超高齢化社会を迎えている日本の10年後、15年後の働き方、暮らし方を、課題が沢山ある先進地とも言えるこの場所で示していきたいと私たちは考えています。現状になげくのではなく、それらを受け入れ、どう克服していくか。自分たちの‟今”起こす行動が、将来を創っていくことに繋がると思うのです。
その為に、現状をしっかりと見つめ、見極め、今あるものの中で価値の再定義を行っていくことが重要に思います。
今ある豊かな社会を築いてくれた先人に感謝しつつ、次の世代に何を残せるかを模索していきたい。
そのために、これからも様々な課題にチャレンジしていきます。
御手洗昔の写真

来年は春に空き家を改修したゲストハウスをまず1軒、2017年中にあと数軒手掛けていく予定です。
2017年はよーそろとしても1段階上がった大きなチャレンジへ!
御手洗これから目が離せませんよ~。

2017年もチャレンジさせて頂ける平和な環境に感謝しながら、世界中の人々が様々なことにチャレンジできる紛争のない平和な世の中を願っています。
皆さまにとっても素晴らしい1年になりますように。

2017年もどうぞ、よーそろ~(宜しく候~)!