2016年への感謝と2017年への船出へ。

2016年も残り数時間になりました。
今年も沢山の出逢いあり、関わってくださった沢山の方々のおかげで素晴らしい一年を過ごすことができ、これからの新しい年を迎えることができそうです。
本当にありがとございます!

常磐町通りの空き家であった江戸時代の町家、旧大島材木店を改装した‟潮待ち館”の平日オープン。
平日お客さまがまだまだ少ない中で土日以外の週6日営業は新たなチャレンジでした。
商品・サービスを提供し、建物を維持しながら家賃、光熱費、人件費を捻出しつつ、なんとかプラスに。

8月からは鍋焼きうどん尾収屋は西平製麺の西平直枝店長に変わり、薩摩藩船宿跡脇屋の一部が田中佐知男さん作品をはじめ妻佳織さんセレクト、作家さんの作品が集まるギャラリーに。
尾収屋の新店長、西平直枝さんは呉市内で60年製麺所を営む西平商店の若女将。
西平商店の若女将、直枝さん

鍋焼きうどんは西平製麺ののど越しの良い細うどんと、それらによくなじむ鯛のアラでとった優しくもコクのある出汁にリニューアル!
これがとっても美味しい!!
鍋焼きうどんはもちろんのこと、うどんだけではない様々な自家製麺をアルミ鍋で表現してくれています。
こちらは西平製麺でつくる冷麺を使った鍋冷麺。こちらも素晴らしい逸品!!さすがです!!
鍋冷麺

そして、薩摩藩船宿跡脇屋の座敷は田中佐知男さんの作品の常設展示の場所になりました。
田中佐知男さんは広島市安佐南区に在住、フランスで油彩画を学び、数々の賞を受賞されている作家さんです。(2016年も第4回広島県美展にて絵画系大賞&入館者人気大賞受賞)
お店には明るく素敵な奥様、佳織さんがお客様をお迎えし、佐知男さんは御手洗の街で新たな作品を創作されています。
そして新たな試み、田中佐知男さんと描くスケッチ会や、作家さんを集めたフリーギャラリーも行われました。
田中佐知男さんと佳織さん

田中佐知男さんの作品が御手洗郵便局の切手シートにもなりました。
とても完成度高く、写真では表現できない佐知男さんワールドに見とれてしまいます。
御手洗郵便局発売の佐知男さん作品切手シート

素晴らしい表現者が御手洗の街に新たな感性の風を吹き込み、御手洗の物語が新しい形で提供されています。
私たちの目指す方向が少しずつ形になりつつあります。

どこにでもある支店やフランチャイズのような大きな資本をポンと持ってくるのではなく、御手洗に残る素晴らしいものをその人にしかできない新しい感性で価値を創出していくこと。街の風景や文化歴史、その建物で行われてきた営みなどを大切に伝えながら、保存していくこと。
そんな場所とアクションが一つ一つ生まれることにより、結果としていくつかの課題を解決し、どこにもない素晴らしい街になるような気がします。

船宿cafe若長、薩摩藩船宿跡脇屋、鍋焼きうどん尾収屋、潮待ち館と、これまで4軒の場所を創ってきました。
関わってくれているスタッフや多くのメンター、沢山のお客様、お客様を超えた同志のような仲間とともに一歩ずつ…。
まだまだ、改善していくことは山のようにありますが、一つずつアクションを起こして参ります

もうすでに超高齢化社会を迎えている日本の10年後、15年後の働き方、暮らし方を、課題が沢山ある先進地とも言えるこの場所で示していきたいと私たちは考えています。現状になげくのではなく、それらを受け入れ、どう克服していくか。自分たちの‟今”起こす行動が、将来を創っていくことに繋がると思うのです。
その為に、現状をしっかりと見つめ、見極め、今あるものの中で価値の再定義を行っていくことが重要に思います。
今ある豊かな社会を築いてくれた先人に感謝しつつ、次の世代に何を残せるかを模索していきたい。
そのために、これからも様々な課題にチャレンジしていきます。
御手洗昔の写真

来年は春に空き家を改修したゲストハウスをまず1軒、2017年中にあと数軒手掛けていく予定です。
2017年はよーそろとしても1段階上がった大きなチャレンジへ!
御手洗これから目が離せませんよ~。

2017年もチャレンジさせて頂ける平和な環境に感謝しながら、世界中の人々が様々なことにチャレンジできる紛争のない平和な世の中を願っています。
皆さまにとっても素晴らしい1年になりますように。

2017年もどうぞ、よーそろ~(宜しく候~)!

12/18「第2回 いいね!地方の暮らしフェア」に行って参りました!

よーそろ代表の井上です。
12/18(日)東京国際フォーラムで行われた「第2回 いいね!地方の暮らしフェア」にゲストとして行って参りました。
主催は日本創生の為の将来世代応援知事同盟。
知事同盟に加盟する13県が集まり、暮らしの魅力を広くアピールすることにより、全国の若い世代の地方移住の促進を目指すというイベント。
いつもお世話になっている広島県地域力創造課の皆さんと広島県ブースでミニセミナーと移住相談などを。
御手洗で共に事業づくりに励んでいる潮待ち館マネージャーの矢野と大長みかんを連れて(笑)

遠くに見える入り口前の通路に長蛇の列…なんだこの人の多さは!!
そんなに列をなすほど地方暮らしに関心があるのかーーーっ!!!
ガラスの向こうはすごい行列!!

スゴイ人

…何を隠そう、スペシャルゲストにAKB48、チーム8のメンバーが来るらしく、多くのお目当てはそちらなのね(笑)
いいさいいさ、私は私の仕事を遂行するのみ。
御手洗にある昭和の看板、足長小学生デザインのTシャツとリストバンドをつけてイザ!!
行きましょう!!かずさん!!(ポーズに乗ってくれる広島県地域力創造課の山田かずさんと。どちらかと言うとそれはアイ~ンです。。笑)
県庁のかずさんと「がんばるよ」ポーズ(笑)

大崎下島の風景をつくる段々畑から生まれた甘~い大長みかんで釣りつつ(笑)、アンケート書いてもらう作業。
昼前になり、席がいっぱいになりました。なんと!
そう、昼前から私と、今年から尾道の地域おこし協力隊でがんばっている森さんがミニセミナーを行います。

ぬぬっ…うちわやグッズを持った若い男子ばかりではないか・・・
私たちのセミナーのあとAKB48の広島県代表メンバー谷優里さん(竹原市出身)がこの広島県ブースにくるらしく・・。
このやりにくい状況で私の出番。
「え~つと…谷優里さんが登場するまでもう少しお待ちくださいね~。アハハ‥(汗)」
「谷優里さんの出身である竹原からフェリーで45分で着く大崎下島は・・」
強引に話に引き込もうとする私(笑)
プレゼンする私・・・

意外とうなずき多く反応が悪くなかった15分間のプレゼンも無事終わり、いよいよ谷優里さん登場!
<AKB48チーム8、谷優里さん

なんだこの生き生きした観客の反応は!!(‘Д’)

顔がほころび至福の時というような幸せそうな沢山の顔に押され、私はズリズリ後退せざるを得ない。一時退却~!(笑)
そして、私のときにはなかった途切れることのない質問ラッシュ!!
完全に主役の座を奪われた私たちは小さく小さく、その背景と化す(笑)

谷優里さんが去った後は、祭りの後のように人がいなくなり、静かな時間が流れる・・。
私もほっと一息、アイドルの力とそれに魅了される人々のエネルギーを間近で感じることができました(^^;)

そうこうしながら、人の波が落ち着いてしばらくしてから、子供連れ若夫婦や男性の若者が広島県ブースを訪ねて来てくれました。
そして、ゲストとして招かれたスザンヌさんとのトークショーを終えた広島県の湯崎知事も広島ブースに。

私達の御手洗での取り組みもよく見て頂いており、応援してくださる湯崎知事なのですが、この度はうちがデザインしたオリジナル足長スポーツブランド”足長小学生リストバンド”をプレゼント!!
腕にはめてくださり、一緒にパチリ。「知事~、リストバンド逆さです~!」
広島県湯崎県知事と
<足長フォトコンテストも開催中!!詳しくはこちら潮待ち館Facebookページ

な~んて、そのように言う余裕もなく。。
イベント終了する17時前まで、相談ブースも立ち代わり人が話を聞きに来てくれました。
県庁の皆さま、大変お疲れ様でした!!

実は、今回の出張の目的はいくつかありまして・・。
一つは来春にスタートを計画している御手洗でのゲストハウスづくりの視察。(こちらは、共に活動するよーそろ矢野のブログをお楽しみに♪)そして、料理人探しと。
もう一つは御手洗で空家をいくつか所有されている方と、今後の所有物件の活用の協議を。
御手洗の街で今何が起きて、私達が何をしようと動いているのか、街の現状をお伝えしたく。

この続きはまた今度お話しするとして。
お付き合いありがとうございます。

これからも、今後の御手洗をよ~そろ~(^^)/

地方移住。欲しい人材とゆずる人材。 広島県主催、東京有楽町でのセミナーに行って参りました。

よーそろ代表の井上です。
11月24日(金)、この時期にして何十年ぶりかの雪降る東京有楽町。ここで開催されたセミナー「HIROBIRO.ひろしまinトーキョー まちづくり しごと トライアル編」でお話してきました。今回は私の活動する御手洗地区の他に県内5つの地域で活躍するベンチャービジネスの経営者が登壇し,それぞれ求めている人材を説明,移住を呼びかけました。
定員オーバーの33名の移住を希望される方が参加され,セミナー終了後も各地域の取組について熱心な意見交換も行われました。

その時の様子はこちらにも掲載。
「HIROBIRO.ひろしまinトーキョー まちづくり しごと トライアル編」を開催しました!

17時からのプレス説明会、広島県の取組の中で移住者の活動事例の一つとして発表し、休む間もなく19時からのセミナーに突入。
5分の持ち時間しかなかったので、かなり的を絞ってお話をしました。

プレス説明会前の様子

この度の伝えたい一言・・・ズバリ「料理人が欲しい!!」以上(笑)
潮の流れのはやい瀬戸内海の身の引き締まった魚介類に海産物。コクのある一級品のみかんやレモン、絶品の猪肉。これらの資源を感性と技術で活かし、目の前のお客さんを喜ばすことができる人。

以前からずっと言っている通り、誰でもいいというわけではありません。
空き家は沢山ありますが、すぐに話ができて住める家、活用できる家はそんなに沢山はないのです。また観光においても発展途上である御手洗という小さな街において、街にはない技術を持っているような求める人材にはまれば、お互いの仕事だけではなく、街の資源活用、観光客のニーズを満たす一石三鳥以上になるのです。
来年からは、よーそろとしても空き家のゲストハウス化を数棟取り組んでいきます。
その為にも料理人が必要です。もちろん、料理ができればいいというわけではないのでまた難しいところなのですが。加えて、うちのようなローカルベンチャーは普通に雇い入れる体力はまだなく・・、ハードルは高いと思いつつも求める料理人は個人事業として、またパートナーとして組めるローカルベンチャーな料理人。

今まで移住促進に関わってきて、また多くの移住希望者と話してみて思うことは、やはり”仕事”の不安。
「ちゃんと生活できるだろうか」「仕事がうまくいくんだろうか」と。
もちろんやっていくんだと腹をくくった先にしか得るものはないと思うのですが、出来る限り不安を消していく提案も必要です。
この度は料理人が来てくれるならば、どんな仕事を生み出せるのかお話ししました。

ゲストハウスでの料理提供や法事、イベント用仕出し、20~30人で組まれる観光ツアーでの食事提供(普段は入れないような場所での食事)、希望あればレストランづくり。それだけでも生活の基盤をつくることが可能です。
また、希望あれば営業、経理代行、その他古民家改修のノウハウ、住まい、暮らしのバックアップもやれるよと至れり尽くせりのご提案を。

残念ながら、この度の会場には求める料理人は現れませんでしたが、当然それ以外にも欲しい人材はあります。
21時からも懇親会でも本気で移住を考えているという若い男性としっかり話ができました。活躍の場は御手洗かもしれないし、他の地方かもしれない。もしかすると今いる東京でできるのでは? しっかりと話を聞き、私も出来る限りその人が活躍できるご提案をしたと思っています。

今回思ったこと・・・料理人はどこにいるんだーー!? ということ(笑)
恐らく厨房の中に。(笑) 
厨房以外ではどこで何の情報を取っているのか・・。尖った広報をしなければ尖った(欲しい)人物を得ることはできないと思います。誰でもいいならいいのですが。(もちろん、予想だにしない素晴らしいものをもった方も現れる可能性もそこにはありますが)

うちは料理人が欲しい・・・うちはフォトグラファーが欲しい・・うちはプロデューサーが欲しい・・、それぞれの地域がはっきりと打ち出し、優先的に欲しい人材情報をそれぞれが共有し、適材適所をコーディネートできれば…より地域に密着した丁寧な受け入れも移住者の活躍もスムーズにできるはず。
移住者の数を他県と競ってもそれは何にもならず。(移住者を増やすことは手段にすぎず)
特色あるこの地域で、こんな人が活躍する・・・パーツがバチッとはまったとき、恐らくその1人で地域がガラッと変わるのだと私は思います。そのような特色ある活きた地域をつくっていくこと、これが広島県全域の各地域で実現出来たら面白い。
地域が求める人材と活躍の舞台を探している人材がマッチする場所、仕組みをつくれたらと思います。

まだまだ手探り状態。焦らずじっくりと丁寧に活動していこうと思っています。足と手は急いでます!!(笑)
次回は12月18日に再び東京へ。

よーそろクルーツアー「江戸末期の廻船問屋、鞆田邸見学ツアー」

皆さま、こんにちは。
よーそろ代表の井上です。

先週7月10日(日)、ディープな御手洗を体験し味わう、よーそろクルーで鞆田邸見学ツアーに行って参りました。
鞆田邸は江戸末期~明治初期に建てられ廻船問屋で、ピッカピッカのたたき土間が迎えてくれる立派な町家。
御手洗では当時、御手洗相場といわれるような米相場が立ち、多くの物資が北前船によってやり取りされ、人口もこの小さな町で1500人を越えていたといわれています。
その時代に造られた千砂子の大波止や埋め立てでできた多くの土地から想像するに当時の廻船問屋の商いはものすごい勢いだったのでしょう。
傷みの激しかった今の鞆田邸を手直しし暮らしていらっしゃる家主の鞆田さんは、とても上品で明るく、お話も楽しいご婦人です。

2014-09-01 10.00.03

ここのお屋敷、「えっ!どこまでがお家なの?」と思うほど縦に長く、大きなお庭にそれを囲むように建物が。そしてお庭の中にも蔵があります。
そう、商売の街御手洗は税金対策の為間口は狭く、外観からは一見質素な作りに見えますが、実は家の中にその当時の繁栄ぶりを残す貴重なものが隠されているのです。

今も暮らしていらっしゃるので、大きく一般にオープンはできず、今回よーそろクルーの皆さんにその御手洗が誇る歴史ある建物を味わって頂きました。
コウモリの切り抜きがしてある欄間や細工、船大工がその場所でつくった箪笥、襖に隠れた階段、小作人が逃げ出さないようにつくったと思われる階段上の木の扉など、鞆田さんのスペシャルガイド付きの見学ツアー。
びっくりするような大きさの梁と桁。江戸時代にこれどうやって持ち上げて、このどでかい木のうねりを計算してどのように家を組んでいったのか、どれだけの人がどれだけの時間をかけて造り上げたのか、想像が大きく膨らみます。

2014-09-01 10.12.57

2014-09-01 10.02.39

2014-09-01 11.37.27

一軒のお宅を見るのに2時間も!
蔵の中や数々のお宝をみせて頂きました。
やはり何よりも、「鞆田さんが一番のお宝よね」と鞆田さんの魅力に引き込まれるよーそろクルー。

「こんな家…新しく創ろうったって創れないもの。お金じゃ買えないもの~。」と楽しそうに語ってくれる鞆田さん。
この街が紡いできた歴史、時間を後世に伝えるべく手を入れ、残してくださっている鞆田さんのこの街を愛するお気持ちに触れる度に私も胸が熱くなります。
本当にありがたいです。

御手洗の人が大切にしてきたものをまずはよく知り、よく学び、この街に残る独特な文化を伝え残していける一人になれれば。
これから世界の中で生きていく私達が日本人として世の中に訴えることのできる大切な何かがここにはあるような気がして。

まだまだ御手洗には面白い貴重なものが眠っています。
皆さま、ご一緒に冒険を!
よ~そろ~(^^)/